【岐阜の旅】滅多にできない、屋根交換をしたぞよ!

皆様、こんばんは。

 

数日ぶりに、
このブログを書いております。

最近は、時間が経つのが、
遅いのか、はたまた早いのかわからなくなってきております。じろー川島です。

先日、浜松の引佐地方の皆様にお世話になった報告をさせて頂きましたね。

その前は、白川郷へ。

 

 

そして、今回は。。。。

 

 

 

 

またまた、白川郷

 

 

 

 

前回は観光という形での訪問でしたが、
今回は完全にお仕事で行ってきました。


行ってきた、つもりです。。。


という事で、報告致します。笑

 

 


10月29日 朝8時頃、

白川郷着!出迎えてくださったのは、
またまた。お世話になりましたMさんです。

 

 

Mさんとの出会いを知りたい方は、
先ずこちらをどーぞ。↓

somejiro.hatenablog.jp


この日は、約25年から30年に一度の茅葺屋根の交換作業をしていました!

 

村中の人が集まり、バタバタ!!!!

 

僕も参加させて頂けることになり、

屋根の上へ、えっちらおっちら登り、

茅葺屋根の交換作業を、手伝わさせて頂きました。

 

f:id:somejiro:20161104222225j:plain

 

茅葺屋根の作りは、

茅葺を乗せ、ロープと木で抑え、
屋根を縫っていく事で屋根を固定していきます。

イメージでいけば、洋服と一緒!

物を縫う際に、まち針で抑え、生地を縫っていきますよね!

 

 

そんな雰囲気で、屋根を縫っていきます。

茅葺を抑え、針にロープを通して固定していきます。

茅葺を抑えるのに、木材を使います。

 

まち針みたいです。

固定するのでまち針の様に抜く事はありませんが。

 


詳しい技術について、私は全くわからないのですが、この様にして、日本の伝統建築物を残していったんだと考えると、先人の方々、またこの建物を残す事を続けている白川郷の皆様・技術を残してきた職人の方々には、感服の至りでした。

 

そんな感じで、えっさほいさ と
茅葺を上へと運びました!

f:id:somejiro:20161104222412j:plain

 

その後は、白川郷を少々探索し、これから作っていく商品について

 

Mさんとお話させていただきました。

 

Mさんより、色々なご指摘を頂き、すごく勉強になっております。

さっそく、本も買って勉強を始めました。

 

無知な私ですが、どうか皆様、今後とも宜しくお願いします!

 

白川郷との出会いに本当に感謝です。

 

今年の白川郷は今回で見納めですが、次に会うときまでに少しでも

成長できるよう努力します!!!

 

それでは、また、

 

皆さん体に気をつけて、またお会いしましょう!