【日常日和】染次良(そめじろう)による、染物講座!

 

こんばんは、みなさん。

今日もブログ更新しますね。

昨日はfecebookのほうに掲載し忘れてたので、先ほど昨日のブログも載せときました。

 

今日は、僕のやっている、

染物についてお話したいと思います。

 

僕のやっている染物は、

 

先ず第一に 自然に人に優しい を絶対としてやっています。

 

だから、

化学製品を 一切 使ってません。

 

一般的な染物には、ほとんどのものが化学製品を使っています。

 

それを説明するには、一般的な染物の工程をお話しするのが一番ですね!

 

題して、

染物講座

 

染める生地を洗います!

良く染まる要に濃染処理をします。

(普通は化学製品使用)

染液につけます。

(染液によって草木染めや藍染等がきまります。普通は化学染料)

水で洗います。

色を固定させます。=媒染

(固定剤を使う所もしばしば。

    草木染めは金属反応で固定)

色むらを落とします。

(化学薬品を使い色を安定させ

   ムラを減らします)

水で洗います。

柔軟剤をつかいます。

(これも、化学助剤をつかってるのが

   ほとんど)

乾かします。

 

以上!!!!!

 

 



だいたい染物の工程はこんな感じです。

 

一般に流通しているものは、ほとんどが化学薬品をつかっているものばかりです。

 

もう一度言いますが、

僕がやっているのは、

 

この化学薬品、化学染料、化学助剤等は一切使ってません。

 

柔軟剤も使いません。でも、肌に優しいものに仕上げています。

 

なぜ、そこまで使わないのか!?

 

 

そう、思う人もいるでしょう。

 

でも、僕は使いません。

 

 

それは、僕の夢が自然と人との共存方法を社会に提言することでもあり、

 

本当に、綺麗な地球を残していきたい、

 

そして、体にいいものを提供したい!!!

 

この思いがあるからです。

 

みなさん、よく食べ物には、

気を配りますよね?

 

 

有機野菜を選んだり、

中国産は買わなかったり、

裏のパッケージ見ては、

化学製品を使っていないか

チェックしたり、。。。。。

 

おっと、これは赤色三号が入っている。

発がん性物質だ!危ない危ない、、、。

みたいな

 

でも、実は、肌も同じぐらい重要なんですよ!?

 

肌は、第二の脳と言われています。

女性は、なんとなくわかりますよね?

普段から化粧水等を塗って、気を使っている人がほとんどですから。

 

男性諸君はわからないかも知れませんが肌は体内と同じくらい、

外気からあらゆるものを吸収しています。

 

ストレスを感じたり、生活習慣病になったり

 

色々なことが食べ物だけじゃなく、肌の環境にも関っているのです。

 

普段着ている服が、化学製品一杯のものがほとんどです。

 

そういう服が悪いわけじゃないですが、僕が思うには

 

そういう服を着てても、

本当の生地のあたたかさだったり、

体が楽になることってないと思います。

 

 

ヌクヌクしたくなるような。愛を感じるような。

 

少しでも、

本当に体にいいものを着て欲しい。

 

そして、それが地球環境にも良く、あらゆる問題を解決できる手立てになる。

 

僕は、そう思って染物をやっています。

 

染次良(そめじろう) は 

次に良くなっていく。今ある段階から色々なことが向上する。

よくなっていく。染物を通して。

 

そんな思いでつけました。

 

そうなっていくよう、これからも一生懸命、肌に優しく、地球に優しいものを

作っていこうと思っています。

 

だから、それが灼熱地獄のようなところに手を突っ込まなきゃいけなくても

僕は手を突っ込んで染めて提供します。

 

それでは、

また明日も元気に一日を送れるよう。

 

そして、今日生ている事に感謝して、

生活したいと思います。

 

f:id:somejiro:20160930214714j:plain

 

 

またね!